逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 【TOP】わいせつ行為で警察沙汰になった時

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

【TOP】わいせつ行為で警察沙汰になった時

わいせつ行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい?

逮捕されたらどうなる?

刑務所行きになってしまう?

被害者と示談できないか?

bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形でわいせつ事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

わいせつトラブルを穏便に解決するためには、シンプルに考えて、ひとつひとつ確実にステップを踏んでいくことが大切です。

まず、弁護士事務所に問い合わせの電話を入れてみましょう。問い合わせそれ自体は無料です。問い合わせを入れて損をすることはありません。自分の現状を客観的に把握するためにも、弁護士事務所に問い合わせを入れて、法律相談が必要な事態かどうかを確認してみるのがよいと思います。

次に、それでもまだ心配な場合は、弁護士の法律相談を受けてみることをおすすめします。弁護士の法律相談を受ければ、何をすれば事件が解決するかを知ることができます。示談をする必要があるのか、ないのか等、事件の内容や事態の状況に応じた解決策を知ることができます。

わいせつ事件の解決で大切なのは、できるだけ早い段階でトラブルを穏便に解決してしまうことです。警察が介入する前の早い段階で解決できれば、そもそも警察沙汰にならない、メディアで実名報道されないというメリットがあります。警察沙汰になってしまった後でも、相手方と示談が成立すれば、不起訴処分を得られる可能性が高まります。不起訴になれば、ご相談者に前科は絶対につきません

あまり難しく考えずに、シンプルにひとつひとつステップに踏んでいって、穏便にトラブルを解決したいところです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)