逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ 愛知県の弁護士ガイド

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ 愛知県の弁護士ガイド

愛知県で起きたわいせつ事件は、アトム弁護士事務所名古屋支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所名古屋支部
所属 愛知県弁護士会
住所 名古屋市中村区名駅4−13−7
西柳パ−クビル3階
最寄り駅 JR名古屋駅(徒歩6分)
名鉄名古屋駅(徒歩4分)
近鉄名古屋駅(徒歩3分)
問い合わせ 0120−631−276
愛知県弁護士会
住所 名古屋市中区三の丸1−4−2
最寄り駅 地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分
地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分
問い合わせ 052−203−1651

愛知県のわいせつ事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。愛知県のわいせつ事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pctel-pc無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel

愛知県のわいせつ事件の取り扱い

愛知県のわいせつ事件は、本庁管轄内であれば、名古屋地方検察庁に送致され、名古屋地方裁判所で裁判を受けることになります。

名古屋地方検察庁
住所 愛知県名古屋市中区三の丸4−3−1
最寄り駅 名古屋市営地下鉄名城線「市役所」駅1番出口から徒歩約5分
名鉄瀬戸線「東大手」駅から徒歩約5分
問い合わせ 052−951−1481
名古屋地方裁判所
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1−4−1
最寄り駅 地下鉄「市役所」駅から徒歩10分
問い合わせ 052−263−1611

愛知県のわいせつ事件の裁判例

事件名 強制わいせつ、傷害、準強姦被告事件
裁判所 名古屋高等裁判所金沢支部
事件番号 平成24年(う)第19号
主文 原判決を破棄する。
本件を富山地方裁判所に差し戻す。
わいせつの事実 被告人は、富山市a町b丁目c番d号ホテルXe号室において、当時13歳未満であった被害者A(以下「被害者」という。)に自己の陰茎を口淫させるなどしたという強制わいせつ行為をした
事件名 強制わいせつ未遂被告事件
裁判所 名古屋高等裁判所
事件番号 平成13年(う)第443号
主文 原判決を破棄する。
被告人を懲役1年に処する。
この裁判確定の日から3年間刑の執行を猶予する。
わいせつの事実 被告人は、午前7時37分ころから同日午前7時42分ころまでの間、JR乙駅とJR甲駅間を走行中のJR丙駅発JR丁駅行快速列車車両内において、A(当時17歳)に対し、強いてわいせつ行為をしようとして、そのスカートの上からでん部を撫で、さらに、スカート内に手を差し入れてパンティの上からでん部を撫でた上、パンティ内に手指を差し入れて陰部をもてあそぼうとしたが、同女に右手をつかまれたため、陰部に触ることができず、その目的を遂げなかった
事件名 傷害、強制わいせつ、殺人、死体遺棄被告事件
裁判所 名古屋高等裁判所
事件番号 平成9年(う)239号
主文 原判決を破棄する。
被告人を無期懲役に処する。
わいせつの事実 被告人は、下校途中の小学二年生の被害女児(当時七歳)を認めるや、同女にわいせつ行為をしようと企て、同女に「ちょっと来て」と声を掛け、同女の手を引いて人目に付きにくい殉国碑の陰へ連れて行き、同所において、同女に対し、「ちょっと服脱いでくれるかな。ちょっと体調べる」などと言って、同女に下半身の着衣を膝辺りまで下ろさせ、手指等で同女の陰部を弄び、さらに、「おしっこ飲むから、おしっこしてくれる」などと言って、同女に放尿させ、その尿を手のひらで受けて飲むなどのわいせつ行為をした
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)