逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ事件の弁護士費用は?

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ事件の弁護士費用は?

わいせつ事件の弁護士費用に関して、

  • 示談の弁護士費用は…
  • 示談金と弁護士費用の関係は…
  • 加害者側の弁護士費用は…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

このページでは、わいせつ事件の弁護士費用の内容について知ることができます。

わいせつ事件の弁護士費用の内容は?

わいせつ事件を起こしてしまって、弁護士をお探しの方は、弁護士費用について思い悩むのは、人の心理として当然のことだと思います。

わいせつ事件の弁護士費用は、着手金と報酬金に大きく分けられることが多いです。着手金・報酬金式以外にも、タイムチャージ式の計算方法を採用する弁護士もいます。

弁護士費用の内容は、依頼する弁護士事務所によって異なります。弁護士費用の計算方法は、弁護士との契約書に明記されているはずなので、その内容をよく確認しましょう。

わいせつ事件の種類と弁護士費用
強制わいせつ 公然わいせつ
着手金 弁護活動に着手した時点で生じる弁護士費用
報酬金 一定の成果発生時に生じる弁護士費用
→ 執行猶予で○万円
一定の成果発生時に生じる弁護士費用
→ 不起訴で○万円
日当 示談交渉で出張した際に生じる出張日当など 現場検証で出張した際に生じる出張日当など

わいせつ事件の示談金や慰謝料は、弁護士費用とは別に準備する必要があります。示談金や慰謝料は、被害者に支払う金銭で、弁護士に支払う金銭ではないからです。

例えば、手元に100万円しかなく、弁護士費用が100万円、要求されている示談金も100万円という場合などでは、弁護士を立てずに、自分で示談の話し合いを進めた方がよいというケースもあります。

わいせつの弁護士費用の内容
内容
相談料 わいせつ事件を弁護士に相談した対価として支払うお金。最近では30分単位又は1時間単位で計算されるケースが多い。無料相談のケースも多い。
着手金 わいせつ事件の弁護活動を弁護士に依頼した対価として支払うお金。事件管理のスタートに支払うお金で、後日解約しても返金されないケースが多い。
報酬金 わいせつ事件の弁護活動で一定の成果が出たことに対して支払うお金。いわゆる成功報酬のこと。報酬発生の対象となる成果はケースによって異なる。
実費 弁護士がご依頼者に代わって支払った金銭。交通費や宿泊代、切手代、内容証明郵便手数料など。
日当 出張を要する弁護士の弁護活動に対して支払うお金。日当の算定は当事者間の合意による。

このような相談に対応しています。

当事務所では、わいせつの弁護士費用に関して、次のような相談に対応しています。

電車の中で公然わいせつをして目撃者に通報されました。性器を見せつけた相手は、弁護士が間に入るのであれば示談に応じてもよいと言っているそうです。公然わいせつの弁護士費用に関して、直接弁護士に相談することはできますか?示談金を支払うと弁護士費用が足りなくなるかもしれません。示談の弁護士費用についても検討したいです。
知り合いの女性と強制わいせつトラブルを起こしてしまいました。相手は知り合いなので、自分で示談を進めることも可能ですが、できれば弁護士に間に入ってもらいたいと考えています。その場合の弁護士費用は、どのようになっていますか?わいせつの慰謝料を支払うと弁護士費用は影響を受けますか?強制わいせつの弁護士費用について、直接、弁護士と相談したいです。
路上で女性にわいせつ行為をして警察沙汰になりました。以前も同じ事件を起こして、その時は弁護士費用を支払えずに罰金になりました。今回は、両親から弁護士費用を借りようと思っています。両親から弁護士費用や示談金、慰謝料を借りる場合でも、事件を受けてもらうことは可能ですか?弁護士に相談したいと思っています。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)