逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ事件を弁護士に依頼するメリットは?

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ事件を弁護士に依頼するメリットは?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)

弁護士に依頼するメリットは

  • Q わいせつ事件を弁護士に依頼するメリットは何ですか?

法律の専門家が対応することで、事件をスムーズかつ穏便に解決できるという点にメリットがあります。もちろん、被害者対応等で困難を極める事件もありますが、実際は多くの事件が比較的スムーズに解決します。

弁護士が対応することで、示談が成立し、その結果、不起訴になるケースも多いです。被害者の方としても、加害者本人とは二度と会いたくないが、弁護士であれば会っても良いという人が多くいるからです。

  • Q わいせつ事件で示談をするメリットは?

わいせつ事件で示談をするメリットは、事件が不起訴になる可能性が高まる点です。初犯の痴漢・盗撮事件や、その他の軽微なわいせつ事件であれば、相手方と示談が成立すれば、多くの事件は不起訴で終了します。

また、平成29年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪、旧強制わいせつ罪ともに親告罪となりましたが、これらの重たいわいせつ事件でも、示談が成立して告訴が取り消されれば、不起訴になる可能性が高くなります。

さらに、逮捕勾留中のわいせつ事件の場合は、相手方と示談が成立し、不起訴になることが内定すれば、逮捕されていても留置場からすぐ釈放されることになります。不起訴が内定している以上、捜査を続ける実益がないからです。

加えて、示談が成立するということは、事件の民事的側面、金銭問題がすべて解決するということです。相手方から賠償金を追加で請求されないというメリットや、仮に請求されても支払いを拒否できるというメリットがあります。

その上、示談書にプライバシーを保護する条項を盛り込むことで、事件の個人情報が外部に漏れないことになります。情報が外部に漏れなければ、マスコミに実名報道されないため社会復帰がスムーズですし、インターネットにも自分の名前が残らないので安心です。

  • Q わいせつ事件で不起訴になるメリットは?

不起訴になるということは、一切の刑罰を受けないということです。そのため、わいせつ事件の前科がつかないという結果になります。

わいせつ事件の前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。今までの職場に復帰できるケースも多いですし、転職や就職活動も大丈夫です。履歴書の賞罰欄に、わいせつ事件のことを記載する必要はないからです。

また、今後の社会情勢次第では、前科があることで予期できない不利益を被る可能性があります。わいせつ事件の前科が残らないことは、あなたのプラスにこそなれ、マイナスになることはありません。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)