痴漢に強い弁護士

強制わいせつ致傷と裁判員裁判

強制わいせつ致傷罪で起訴された場合、裁判員裁判で審理されることになります。そうなった場合、争点と証拠の整理のための準備の期間が長くかかるので、早めに保釈を得ることが重要になります。

強制わいせつ致傷罪の法定刑

強制わいせつ致傷罪の法定刑は、無期懲役または3年以上20年以下の有期懲役です。

このように法定刑に無期懲役が含まれているものの、実際の判決では、無期懲役になる事態はあまりありません。多くは有期懲役が言い渡されます。

裁判員裁判の対象となる

強制わいせつ致傷事件は、裁判員裁判で審理されます。法定刑に無期懲役が含まれる事件は、裁判員裁判の対象となる事件とされているからです。

これに対して、致傷が付かない単純な強制わいせつ事件の場合は、法定刑に無期懲役が含まれていないため、裁判員裁判の対象とはなりません。

親告罪ではないことの意味

強制わいせつ致傷罪は、親告罪ではありません。これは、致傷の結果が生じている点で被害が重大なので、処罰の必要性の方が、被害者の名誉等の保護よりも優先するとされているからです。

したがって、強制わいせつ致傷事件では、起訴前に被害者と示談を交わして告訴を取り消してもらっても、強制わいせつ致傷罪で起訴されることはありうるのです。そうなった場合は、裁判員裁判で審理されることとなります。

以上が法律的な結論ですが、実際の運用面では、違った処理がされる可能性もあります。たとえば、ケガが軽微で、被害者も事件が表沙汰になることを強く嫌がっているという事情があれば、検察官がその点を考慮して不起訴になる可能性があります。

裁判員裁判の対象となることの意味

では、裁判員裁判で審理されることになった場合、あなたにはどのような影響が生じるでしょうか。

最も重大な影響は、起訴された後の身柄拘束が長引くことです。裁判員裁判では、争点と証拠の整理のための準備手続き(公判全整理手続きといいます)が必ず行われます。

準備手続きには数か月間かかることが多く、その間、保釈が認められなければ、ずっと勾留されていることになります。そこで、身柄拘束されたまま強制わいせつ致傷罪で起訴された場合には、早く保釈してもらうことが重要です。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談