逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ 執行猶予にしてほしい

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ 執行猶予にしてほしい

わいせつ事件の刑事裁判に関して、

  • 執行猶予になるのか…
  • 実刑判決とは…
  • 刑務所に行かない方法は…
  • とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

    わいせつ事件の刑事裁判を受けることになったとしても、弁護士を付けて被害者と示談をすることで、執行猶予付きの判決を得て刑務所行きを回避する可能性を高めることができます。

    わいせつで執行猶予になるために大切なことは?

    わいせつ事件で刑事裁判を受けることになった方が、できることなら執行猶予付きの判決を得て、刑務所に入らずに人生をやり直したいと願うのは、人の心理として当然です。

    では、わいせつ事件の刑事裁判で、執行猶予付きの判決を得るためには、どうすれば良いのでしょうか?

    わいせつ事件と執行猶予
    強制わいせつ 公然わいせつ
    執行猶予あり 執行猶予付き懲役刑
    → 直ちには刑務所に入る必要なし
    ※公然わいせつ事件は、ほとんどが略式罰金で処理されるため、刑事裁判にならない限り、執行猶予は問題にならない。
    執行猶予なし 懲役刑(実刑)
    → 直ちに刑務所に収監される

    強制わいせつ事件の場合は、執行猶予判決を得るためには、弁護士を通じて被害者と示談を締結することが大切です。

    強制わいせつ事件は、行為の態様によっては、初犯でも十分に実刑が想定されるケースがあります。「初犯=執行猶予」と甘く考えずに、しっかりと謝罪と賠償を尽くすことが大切です。

    なお、執行猶予とは、主に、懲役刑や禁錮刑に対して意味を持つ制度です。公然わいせつ罪の罰金刑の場合は、執行猶予なしで、罰金の支払いを命じられることになります。

    このような相談に対応しています。

    当事務所では、わいせつ事件と執行猶予に関連して、次のような相談に対応しています。

    夫がわいせつの裁判で執行猶予にならないかもしれないと国選弁護士から言われました。執行猶予の意味は何ですか?執行猶予とはどのような状態を言うのでしょう。
    公然わいせつを何度も繰り返し、今回は裁判で執行猶予付きの懲役刑を言い渡されました。保護観察は付いていないので、海外旅行に行くのは自由でしょうか。パスポートを取る際に、わいせつのことを言われるのではと不安です。
    強制わいせつの執行猶予中に、喧嘩をしてしまいました。相手は私のことを弁当持ちと知っており、執行猶予が取り消されるだろうと脅してきます。このままだと、執行猶予が取り消されるのでしょうか。弁護士に無料相談したいです。

    よくある弁護士相談

    電車内で痴漢をしていたところを捕まえられ、逮捕・勾留されて、起訴されました。

    恥ずかしい話ですが、電車内で綺麗な女性を見つけると、痴漢をするのが癖のようになっていました。捕まったことも何度かあり、罰金の前科が2つあります。

    今回も、電車内で可愛い女子高生を見つけて、痴漢をしました。スカートの上から触り始め、徐々にスカートの中に手を入れて、下着の上からお尻を揉みました。すると、横にいた女性に腕を掴まれ、次の駅で降ろされて駅員に引き渡されました。そして駆けつけた警察官に逮捕されたのです。

    これまでの前科は、迷惑防止条例違反という罪でした。しかし今回は、強制わいせつだと言われています。

    相手の女子高生とは示談できていません。前科が2つあることもあり、勾留満期に強制わいせつで起訴されてしまいました。刑務所に入る実刑を避けることはできますか。

    よくある解決パターン

    両親がアトムに依頼してくれて、弁護士がすぐに接見に来てくれました。実刑を避けたい気持ちを伝えると、「何とか示談してもらえるように交渉します」と励ましてくれました。

    弁護士は、私が痴漢を繰り返さないよう病院のカウンセリングを手配してくれ、相手側ともすぐに示談交渉を始めました。示談では、私の反省の情や、再発防止のために病院に通うこと等を伝えて、相手のご両親を説得してくれました。お陰で示談は無事まとまり、相手側から許してもらうことができました

    また、両親とも話し合いをして、私と一緒に生活し、生活を監督してくれるよう話をまとめてくれました。

    裁判では、弁護士がこれらの事情を裁判官に訴えてくれた結果、執行猶予の判決を得ることができました。今は親元でカウンセリングに通いながら日常生活を送っています。実刑にならずに済み、本当によかったです。

    LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

    「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

    上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

    「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

    このページをご覧の方におすすめの記事

    このページをご覧の方におすすめの記事

    わいせつ事件でお悩みならお電話を

    弁護士に相談するメリット

    弁護士に依頼するメリット

    アトム弁護士事務所の特徴

    弁護士に相談するメリット

    弁護士に依頼するメリット

    アトム弁護士事務所の特徴

    無料相談から解決の流れ

    わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

    刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

    それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

    強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

    わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

    解決までの流れ

    わいせつ事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

    刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

    それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

    強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。強制わいせつ罪は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

    わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

    解決までの流れ
    無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

    アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

    無料相談

    © 2015 - Takeshi Okano
    アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)