痴漢に強い弁護士

わいせつ 横浜市の弁護士ガイド

横浜市で起きたわいせつ事件は、アトム弁護士事務所横浜支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所横浜支部
所属横浜弁護士会
住所神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階
最寄り駅ブルーライン横浜駅(徒歩3分)
JR線、東急線、みなとみらい線、京急線、相鉄線の横浜駅(徒歩5分)
問い合わせ0120−631−276
横浜弁護士会
住所横浜市中区日本大通9番地
最寄り駅みなとみらい線日本大通り駅1番出口より徒歩約1分
横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩約10分
JR関内駅 南口より徒歩約10分
問い合わせ045−211−7707

横浜市のわいせつ事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。横浜市のわいせつ事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pc
tel-pc
無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel

横浜市のわいせつ事件の取り扱い

横浜市のわいせつ事件は、通常、横浜地方検察庁に送致され、横浜地方裁判所で裁判を受けることになります。

横浜地方検察庁
住所横浜市中区日本大通9番地 横浜法務合同庁舎
最寄り駅地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」(2出口)から徒歩1分
JR根岸線「関内駅」(南口)から徒歩10分
横浜市営地下鉄「関内駅」(1出口)から徒歩10分
問い合わせ045−211−7600
横浜地方裁判所
住所神奈川県横浜市中区日本大通9
最寄り駅みなとみらい線日本大通り駅から徒歩1分
JR京浜東北線関内駅・横浜市営地下鉄線関内駅から徒歩約10分
問い合わせ045−201−9631

横浜市のわいせつ事件の裁判例

事件名強制わいせつ被告事件
裁判所横浜地方裁判所
事件番号平成16年(わ)第305号/平成16年(わ)第498号/平成16年(わ)第729号/平成16年(わ)第1213号
事件番号被告人を懲役8年に処する。
所属被告人は、平成12年4月ころから、神奈川県藤沢市藤沢〈番地略〉○○藤沢教室等において、同塾塾生(当時)のA子(昭和62年2月27日生)に対し、ロンドン生まれの同女の顔にほくろが数個あることについて、「君はメラノーマかもしれない。君は普通の日本人より色素が薄いから」「日本は紫外線が強いから、君は普通の日本人よりメラノーマになりやすい。メラノーマは、ほくろが癌化して全身に転移する。メラノーマにかかったら、もって半年」などと言い、これに不安を覚え、左乳房下のほくろについて相談に来た同女に「それは危ない」「病院で切り取って調べると、悪性になって全身に広がる。病院には行くな」などと断言し、診察と称して同女の上半身を裸にしてそのほくろを見付けるや、「普通のほくろとは違う。ふくれたようなほくろで、ほくろと肌の境界線がはっきりしてない。色にもむらがある。危ないかもしれない。もしかしたら悪性かもしれない。このままだとちょっとやばいんではないか。もしこのほくろがメラノーマだったら、乳房に、触ると分かるようなしこりができる。癌を早期発見するためには触診したほうがいい。」「いつしこりができるかも分からない。だからこれからも続けた方がいい。」「胸にほくろがあると乳癌になりやすい。乳癌になると子宮に転移しやすい。子宮に転移すると全身に転移する。子宮に転移したかどうかは、指を入れて触ると分かる。」「治療をやめると一気に悪い方向へ行くかもしれないから続けないといけない。」などと言って同女に、医師である被告人にはわいせつ目的などはなく、同女の悪性黒色腫(メラノーマ)や癌の早期発見及び治療のために被告人による乳房や陰部等の検査・治療を受ける必要があると信じ込ませて、被告人の指示や行為に疑いを懐いて拒否することができない心理状態に陥らせたうえ、その抗拒不能状態に乗じて以下の各わいせつ行為をした
事件名強制わいせつ被告事件
裁判所横浜地方裁判所川崎支部
事件番号平成14年(わ)第75号
事件番号被告人を懲役2年に処する。
所属被告人は、高等学校の制服姿で帰宅途中のA(当時17歳)を認めるや劣情を催し、執拗に同女につきまとい、平成14年1月30日午前1時30分ころ、川崎市幸区(以下略)所在のドラッグストア「B」前路上において、同女に対し、その右腕を掴んで引っ張り、路上に押し倒すなどの暴行を加えた上、そのスカート内に手を入れてパンティーの上から右手指で陰部などを弄び、もって強いてわいせつな行為をした
事件名わいせつ誘拐、強制わいせつ被告事件
裁判所横浜地方裁判所
事件番号昭和28年(あ)第5553号
事件番号被告人を懲役2年に処する。
所属被告人は、昭和六三年一一月一五日午後三時五五分から、横浜市西区《番地省略》先路上において、帰宅途中のB子(昭和五五年九月二三日生、当時八歳)に対し、これを誘拐してわいせつの行為をしようと企て、「志村けんのだいじょうぶだあのテレビに出ている女の子が風邪で倒れちゃったので代わりに出ない。おじさんの車に乗らない。」などと甘言を用いて誘い、同児を自己の運転する普通乗用自動車に乗車させたうえ、同所から同区《番地省略》所の駐車場まで連行し、もって、同児をわいせつの目的で誘拐し、同駐車場内に駐車した右自動車内において、同児が一三歳未満であることを知りながら右手で同児の陰部を弄び、もって、一三歳に満たざる婦女に対しわいせつの行為をなした

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談